洗濯時の失敗が痛い

皆さん、服を洗濯する時に品質表示をマジメに見ていますか?
私は見ていません。

もちろん、理想は洗濯ネームの通りにそれぞれ洗濯すれば問題は起こらないと思います。

でも日々たくさんの洗濯物を洗って干して、他の事もあるのに、何点も裏返して品質表示を見て調べるなんて出来ない、、、

そんな中で、洗濯で失敗しない様に抑えたいポイントを、筆者の目線で紹介させて頂きます。

この中で家庭用の洗濯機で洗う時に迷う頻度の高いアイテムが、
「ニット」と「白黒の配色もの」。

・気に入ってたのに縮んで着れなくなった。
・白い部分に暗い色が移って落ちなくなった。

と言う様な経験は、家で洗濯をしたことがある方なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

嫌な予感がした商品だけでも良いので、裏返して品質表示を見てみてください。
商品裏側の左脇に付いている事が多いです。

気をつけたいポイントその1
絵表示の左端が、「40℃〜手洗い」なのか、「洗濯×」なのか

 

「手洗い」の表示がある場合、洗濯ネットに入れて優しいモードで洗濯機に入れても洗える事が多いです。
逆に「洗濯×」は本当にダメ。
洗濯機に入れると縮み、ビロビロ、色移り、毛羽毛羽等、ロクなことにならないので注意してください。

気をつけたいポイントその2
注意書きのワード
「色落ちすることがありますので、他の物と分けて洗って下さい」
「水につけたままにしないで下さい」
このワードがある商品は、生地の検査をした段階で色が落ちやすいと判断した場合に記入されています。
素直にクリーニングに出すか、
他のものと分ける、もしくは黒物だけでまとめで洗濯する方が良いと思います。

めんどくさくても、他のアイテムにも被害が出て、残念な気持ちになる前に回避したいですね。

最後に、
ポケットに入れたティッシュの取り忘れには、洗濯機に貼り紙をするレベルで気をつけたいと痛感しました。
それでは、良い洗濯生活を。