ライフスタイル部で歯ブラシ生産?!-歯ブラシ開発物語-①

私の所属するライフスタイル部。2年前に新たにできた部署。

直訳で、ライフスタイル=生活様式
つまり、当部では、生活に関わる全てのものが商材となります。
極論、今あなたの視界に入っているもの全てが商材になり得るのです。

そんなライフスタイル部が繊維製品以外で新たな試みを始めました。
その第一弾が【歯ブラシ】です!
でも、なぜ歯ブラシの開発を始めたのだろうか。。。。

そんなところからこの記事では話を進めていきたいと思います。

そのきっかけは、新たな部署の誕生とともに改めて社内の原料背景を再確認した際にありました。
◇『歯ブラシの毛材(繊維)を歯ブラシメーカーへ卸売する商売があるな・・・・』
◇『プラスティック原料を専門に扱う部署があったな・・・・』
◇『部署にはファッションデザイナーがいる・・・・』

『!!!!!』

歯ブラシに必要な原料がすべて揃う最適な材料背景に、
ファッションデザイナーがデザインする斬新なカラーリング。
ありそうでなかった『 機能性×ファッション性 』歯ブラシの開発
を始めよう!と。

早速、歯ブラシの毛材で取引のあるメーカー様へ
自社歯ブラシ開発への協力を頂けないか要請しました。
その中で快く引き受けてくれたのが、大阪八尾市の歯ブラシ産地にある、
1社の工場様でした。そこは柄の成型から植毛・包装まで一貫して行える業界でも数少ない老舗メーカーです。

当課では、本業はレディースアパレルを主に扱うことから、
コアターゲットを女性とした【見て可愛い、使って満足いくような歯ブラシ】
を作りたいと工場へ相談しました。
非常にざっくりとした切り口でしたが、
先方様もこれまでになかった新しい切り口に、企画に賛同してくれました。

また当社としても、実際に女子高生や歯科衛生士、女性社員の方々にアンケートをとり、歯ブラシの第一弾として、
女性の小さなお口でも奥歯の裏までしっかり届き、歯垢を磨きとれる『薄型コンパクト歯ブラシ』を生産していくことにしました。

↓様々な形のプロトサンプル 形状を試行錯誤しました。

↓服と同じく、柄のカラーのビーカー出し

そんなこんなで私たちの歯ブラシの開発が始まりました。
私からは、歯ブラシに関する小ネタを挟みながら、生産物語を綴っていこうと思います。
続きは次回。【歯ブラシが出来るまで】をお伝えできればと思います。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

※参考サイト
①当社ECサイト『Jolie Clothes(ジョリークローズ)』にて販売中!
是非とも下記URLをチェック!!
https://jolie-clothes.com/shopbrand/ct39

②歯ブラシ専用のInstagramアカウント【@gsihaburashi】で検索!
随時最新情報を更新していきます。下記のQRコードからページへ飛べます。
<ハッシュタグ>
【#GSI歯ブラシ #ハイカラフル #haikarafull #カクモウ #KAKUMO】