「帯電しやすい素材と帯電しにくい素材を紹介。冬の静電気を素材から予防しよう。」

毎年冬になり、乾燥してくると問題になってくるのが静電気です。
ドアノブに触れた途端、「バチッ!」となるあの感触がしたら、静電気シーズンの到来を感じますね。

よく、静電気を持ちやすい体質、持ちにくい体質などと言われていますが、実は、静電気の発生は体質に左右されません。

静電気が起きる、一番の要因は身に着けている衣服やアクセサリーのようです。

本記事では、静電気が帯電しやすい素材と帯電しにくい素材、そして、静電気を防止する着合わせについて紹介していきましょう。

1.よくある勘違い
よく勘違いされがちですが、実は「静電気が起こりやすい素材」は存在しません。

静電気は異なる物質同士がなんらかの要因で擦り付けられ、それによって発生します。
例えば、静電気が起きやすいと勘違いしがちなコートもそれ単独で着ると、まったく静電気は起きません。

違う素材の服を重ね着し、生活することによって、服と服の間で摩擦が生じ、電気を帯びます。

これを「帯電」と呼び、つまりは帯電しやすい素材としにくい素材があるということなのです。

つまり、簡単に言えば、帯電しにくい素材を着る事によって、冬場の静電気を難無く予防することができます。

2.帯電しやすい素材
帯電と一口に言っても、プラス極への帯電とマイナス極への帯電があります。
簡単に言うと、磁石のN極とS極だと思ってくれればイメージしやすいかと思います。
帯電するから静電気が必ず起きるのではなく、帯電したもの同士が接触することによって静電気が起きるのです。

プラス同士、マイナス同士で来合せれば、静電気が起きにくいのでざっくり覚えておくのもオススメです。

それぞれ、帯電しやすい素材と帯電しにくい素材を模式的に表した時、以下のようになります。

 

普段、私たちは知らず知らずの間に帯電性の高い素材で作られた衣類を重ね着しているのです。
冬場、静電気に苛まれる方が多いのは、こういった背景も原因の一つなのでしょう。

3.帯電しにくい素材
次に、帯電しにくい素材を紹介します。

物質は衣類の素材に限らず、世の中のどんな物質でも微弱な電気があります。

残念ながら、どのような素材の衣類でも、帯電は必ず起こります。
でも、帯電性の低い素材を選択することによって、普段、バチバチと音がするくらい痛い静電気を、気づかないくらい減少させることも出来ます。

帯電しにくい素材について、一つ一つ見ていきましょう。

古来から使われている蚕の繭から採取したシルクは柔らかく滑らかで、非常に保温性も高いです。
十二単や晴れ着など、何重にも重ね着しても古来の人は静電気を気にすることは無かったのでしょう。

次に、木綿があげられます。木綿はまたの名をコットンとも呼ばれ、敏感肌の方に向けて、下着などに使われます。
下着は直接肌に触れ、摩擦が起こりやすいので、帯電しにくく、安価であるので、静電気対策素材としておすすめできます。

そして、最も帯電しにくいと言われる素材が皮です。
皮は防風性が非常に高いだけでなく、優れた保温性があります。最近はやりのライダースーツジャケット、スカートなどのボトムスやバイクジャケットにもよく利用される傾向です。

4.おすすめする冬場の着合わせ
もう一度、帯電する仕組みについておさらいしましょう。
静電気は違う物質同士が擦り付けられることによって発生します。

簡単に言うと、同じ質の電気を帯電する素材同士をなるべく重ねて着れば良いということです。

おすすめする着合わせ方は以下のようになります。

綿や絹などの製品に多いですが、決して100パーセント素材でないものもあります。
その場合の着合わせについてはどの程度、絹や綿が使われているのかで判断します。

例えば、80パーセント以上綿で作られている場合は十分静電気予防効果を見込むことができますが、他の化学合成繊維が主原料となっている場合は予防効果が薄くなることもあります。

自分の着ている服がどのような素材で作られているかは服の裏についてあるタグですぐにわかるので、参考にしてみてください。

5.まとめ
さて、最後に、素材以外で静電気の発生を抑える方法をご紹介します。
柔軟剤を利用した選択です。
柔軟剤に含まれている成分は服の摩擦係数を減少させ、擦れなどを起きにくくします。

どのような素材を着重ねるにしても、日々のメンテナンスをしっかりとこなす事によって、より良い静電気の防止ができることでしょう。

もう一つお役立ち情報として、、
どうしても静電気が起きてしまうという方は、体や衣類に溜まった電気を逃がしてやることによって対処することができます。とっても簡単!!

金属部分に触る前に、コンクリートの壁や床を触ることです。電気を通しにくい物質ならなんでもよいです。

こうすることによって、電気が体や衣類から逃げてくれるので、安心してドアノブに触る事ができます。是非お試しください。

また、洋服を脱ぐ際に起こる髪の毛の静電気については
乾燥させないことがポイントです。
朝起きたら髪をウォータータイプのスタイリング剤をつけブローしたり、加湿器で部屋の湿度をあげる、シャンプー後のアウトバス(洗い流さないトリートメント等)毎日しっかりトリートメントで保温することによって静電気を予防することができます。是非お試しください。