「洗えるニット」はどう洗えばいい?洗濯表示で洗い方を見極めよう!

一口に「洗えるニット」といっても、それが自宅の洗濯機で洗えるものなのか、手洗いしなければいけないものなのか、どんな防縮加工が施されているかによって異なります。
今回は「洗えるニット」を洗う方法や注意点などをご紹介していきます。

自宅で洗えるニットが人気!

ニット製品は秋冬のおしゃれの定番ですが「洗うのが難しい」「形が崩れる」「虫に喰われてしまう」などのデメリットから、普段使いとして取り入れづらい印象があったのではないでしょうか。
しかし、そんな常識を一変させたのが「洗えるニット」の登場です。防縮加工や毛玉になりにくい加工が施されているので、自宅で洗っても洗う前と同じような風合いを保つことができるのです。
ニット製品を自宅で気軽に洗うことができれば、おしゃれの幅も広がること間違いなしですよね。

「洗えるニット」は洗濯表示をまずチェックしよう!

店頭やWEB上で「洗えるニット」「ウォッシャブルウール」などと表記されているニットを購入する際に気をつけないといけないのが
「洗濯機で洗えるのか」それとも「手洗い推奨か」という点です。
「洗えるニット」がすべて洗濯機で洗えるわけではありません。ここを気をつけないと、買ってから後悔してしまいますよね。

洗濯機で洗えるかどうかは、衣類の内側についている洗濯表示をチェックすると分かります。

洗濯機OKのマークはコレ

洗濯機で洗うことができるものには、上のようなマークがあります。

桶に水が入っているようなマークですね。「30」という数字は「30℃までの液温で」という意味です。また桶の下に線が引いてあるのは、洗濯機で洗うときの強さを意味しています。

  • 線なし・・・普通に洗濯してOK
  • 一本線・・・弱い洗濯ならOK
  • 二本線・・・非常に弱い洗濯ならOK

このような意味になります。

洗濯機NGのマークはコレ

洗濯機で洗うことができない製品には、次のようなマークが記されています。

水が入った桶に大きく×が描かれていますね。このマークがあるものは、たとえネットに入れたとしても洗濯機で洗うと傷んでしまうので気をつけましょう。

手洗いOKのマークはコレ

洗濯機で洗えませんが手洗いなら可能な場合は、次のようなマークが記されています。

水が入った桶に手を入れたところが描かれているマークです。

「洗えるニット」には「洗濯OK」か「手洗いOK」のマークのどちらかがしるされていますので、購入する際は必ずチェックするようにしましょう。

「洗えるニット」の洗い方

洗濯表示の意味が分かったら、「洗えるニット」を洗ってみましょう。洗濯機で洗う場合と手洗いする場合に分けて、洗い方をチェックしていきます。

洗濯機で洗う場合

まずはご家庭の洗濯機に「手洗いコース」「ドライコース」「おうちクリーニング」「おしゃれ着洗いコース」などがあるかを確認しましょう。これらのコースはニットが傷まないように弱い水流でやさしく洗ってくれます。また、すすぎや脱水もできるだけ衣類が絡まないように設定されています。

<準備するもの>

  • おしゃれ着洗い用の洗剤(中性のもの)
  • 洗濯ネット
  • 柔軟剤(※必要な方のみ)

<洗い方>

  1. ニットを裏返しにして洗濯ネットに入れる。汚れている部分が表面に出るようにたたむと良い。
  2. 洗濯機で「手洗いコース」などおしゃれ着に適したコースを選び、おしゃれ着洗い用の洗剤を入れ、スタート!
  3. 洗濯機完了を待つ。

ふんわりとした風合いを出したい場合は、適宜柔軟剤を使用してくださいね。

「ほかの衣類と一緒に洗濯できればいいのに・・・」と思われる方もいるかもしれませんね。でも普段着洗い用の洗剤は、弱アルカリ性のものが多いのです。
ニットはアルカリ性に弱い性質があり縮む原因になってしまうので、なるべく普段着と分けて単独で洗うことをおすすめします。

手洗いの場合

「洗えるニット」を手洗いする場合は次のように行います。

<準備するもの>

  • おしゃれ着洗い用の洗剤(中性のもの)
  • 洗濯ネット
  • 柔軟剤(※必要な方のみ)

<洗い方>

  1. ニットが入るくらいの桶を準備し、30℃までのぬるま湯とおしゃれ着洗い用洗剤を入れ洗剤水を作る。
  2. 1.に裏返したニットをたたんで浸す。汚れが目立つ部分が表になるようにたたむと良い。
  3. 摩擦が起きないようにやさしく押し洗いし、汚れを浮かせる。
  4. 汚れが浮いてきたらぬるま湯を捨て、ニットを軽く押して脱水する。
  5. 桶に新しいぬるま湯を入れ、やさしく押してすすぎ~脱水をきれいになるまで繰り返す。
  6. ニットを洗濯ネットに入れ洗濯機で30秒~1分間脱水する。

柔軟剤を使用する場合は5.のタイミングで入れましょう。

おうちで簡単に洗濯できるからうれしい!
「洗えるニット」は家で気軽に洗濯できるのが嬉しいですね。「手洗いはちょっと・・・」という方は、洗濯表示をよくみて「洗濯機OK」のものを選ぶようにしましょう。