ファッション業界のサスティナブル

前回の記事で、サスティナブルについて少しお話しました。

 

サスティナブルとは、

「サスティナブル(Sustainable)」=「持続可能な、維持できる」という意味。

 

もっと大きな意味で、

 

資源を過剰に使用せず、地球環境を破壊しない

そして、未来へ美しい地球を維持し続ける。

 

では、ファッション業界はどのようなサスティナブルな行動をとっているのか。

 

上の写真が、ヒントでしたね。

 

上記の写真はいったい何なのか?

 

答えは、皆様おなじみの「綿(コットン)」 です。

でも、ただのコットンではありません。

 

「オーガニックコットン」が、サスティナブルに関わっています。

 

オーガニックコットン

皆様も目にしたことはあると思います。

 

インナーやパジャマ、ベビーウェア等で、

「オーガニックコットン使用」と記載されているものを。

 

では、オーガニックコットンって実際どういったものなのか?

 

細かい規定はあるのですが、簡単に言えば

 

「化学肥料や農薬を約3年以上使用していない農地で、栽培されるコットン

そして、それを認証機関から認証受けたもの。」

 

勘のいい方は、もうわかったと思います。

 

そうです、農薬を使用しないということは、

 

「生き物を殺したりしない。」

「農家の方々の健康面に被害を与えない。」

「農薬の混ざった汚染水を発生させない。」

 

地球環境を破壊しない、人にも優しい。

サスティナブルの意味に当てはまりますよね。

ファッション業界は、

このようなオーガニックコットンを使用することで

サスティナブルに力をいれています。

 

しかし、これだけではありません。

サスティナブルなものは、他にもあります。

 

土に埋めると資源になる服。

不要な生地を生み出さない無縫製の服。

本物の毛皮を使用しない服。

 

ただただ、かっこいい服、かわいい服を選ぶのではなく

どういった素材を使っているのか、どうやって作っているのか。

少し意識して、買い物してみてください。

 

人のために、日本のために、地球のためにも。

 

新しい発見があるかもしれませんね。

もしかしたら、あなたが着ている服もサスティナブルな服かもしれませんよ。