お下がりの黄ばみ・シミに「煮洗い」が効く!その方法とは?

第2子や第3子を出産するとき、上の子のお下がりをとっておいて

着せる家庭も多いと思います。

我が家も使えるものはお下がりを使い、足りないものを買い足す…

という方法で節約してきました。

でも、どうしても気になるのが黄ばみやシミなどの汚れです。

これらをスッキリキレイにできる煮洗いという洗濯方法を試してみませんか?

 

お下がりのベビー服を広げると大変なことに…

 

上の子のお下がりや、友人・親戚からいただくお下がりのお洋服。

乳幼児期はとにかく汚すことが多いので、枚数があれば本当に助かりますよね!

 

でも、久しぶりに広げてみると、襟もとや袖口が黄ばんでいたり

シミができていたりして

「えーっ!?ちゃんと洗濯してしまっておいたのに何で…」

という経験をしたことがあるママも多いのではないでしょうか。

 

私もその一人です。

 

そのまま着せるには赤ちゃんに申し訳ないし、かといって捨てるのも勿体ない。

なんとかしてこの汚れは落ちないものか…と思って、たどり着いたのが

「煮洗い」という方法でした。

 

黄ばみ・シミの正体は「タンパク質」

 

ベビー服を洗濯して、見た目がキレイになったと思っても

実は落としきれていないことが多いのです。

 

ベビー服の黄ばみが気になる部分は、襟もとや袖口が多いのですが

これらの箇所は母乳やミルクの吐き戻し、離乳食の食べこぼし、よだれ、汗…

などが付着する場所ですね。

これらの汚れはタンパク質が犯人!

洗濯してその時はキレイに見えても

衣服に残ったタンパク質が保管している間に酸化して黄ばんでしまうのです。

 

頑固なタンパク質汚れは「煮洗い」で落とす!

 

タンパク質汚れは、普段の洗濯でも酸素系漂白剤を使って落とすこともできますが

お下がりのベビー服についてしまった頑固な汚れには、それだけでは効きません。

酸素系漂白剤を使った「煮洗い」がおすすめです。

 

【準備するもの】

  • 酸素系漂白剤(粉末タイプ)
  • 粉石けん
  • ステンレス製またはホーローの大きい鍋
  • 菜箸またはトング

 

 

【手順】

  1. ステンレス製またはホーローの鍋に水をたっぷり入れて沸かす
  2. 30~40℃くらい(手で触ってぬるいと感じるくらい)になったら粉石けんを大さじ2杯入れ溶かす
  3. さらに酸素系漂白剤を大さじ5杯入れる(粉石けんより少なめ)
  4. 衣類を菜箸やトングを使ってしっかりと浸す
  5. 弱火で5~10分煮る
  6. 火を止めて冷めるまでしばらく放置する
  7. 冷めたら衣類を取り出して水で揉み洗いする
  8. 洗濯機に衣類を入れすすぎ~脱水を行い干す

 

煮洗いをするときは、いくつか気をつけないといけないことがあります。

 

素材を確認!

煮洗いできるのは綿や麻などの素材です。

ポリエステルやナイロンなどの化学繊維は熱で溶けてしまうこともあるので

煮洗いできません。

ベビー肌着、カバーオール、ガーゼハンカチなどは

綿でできているものが多いですが、念のため表示を確認しましょう。

 

鍋の素材も確認!

使用する鍋は、ステンレスかホーローのものにします。

一般的に料理で使うようなアルミ鍋はアルカリ性に弱いという特性があるので

変色したり傷んだりすることがあります。

絶対に使用しないようにしましょう。

 

必ず酸素系漂白剤を使う

漂白剤というと塩素系をイメージする方もいると思いますが

塩素系は色落ちしたり赤ちゃんの肌にも刺激が強いため

必ず酸素系漂白剤を使いましょう。

 

色ごとに分けて

洗うもの濃い色の服があったら、煮洗いしているうちに色移りしてしまうことも。

なるべく同じような色に分けて洗いましょう。

 

噴きこぼれに注意

弱火で煮ていると、お湯の量にもよりますが

泡がブクブクとなってきて噴きこぼれてしまうことも。

 

必ず弱火で行い、火のそばを離れないようにしてくださいね。

 

 

あきらめる前にぜひ一度煮洗いを試してみて!

 

黄ばみ・シミがひどいと「もう着れないかも」とあきらめてしまいがちですが

その前にぜひ煮洗いを試してみてください。白さが復活すると、嬉しくなりますよ。

ベビー服のお下がりの汚れ落としに、煮洗いをおすすめします!