新しい一歩 ~新入社員~

 

段々と暖かくなり、ポカポカとして

鼻がムズムズし始める季節となって来ました。

 

春は、“新しいスタート”を迎える方が多いのでは

と思います。

 

この春から、新入社員として、会社に入社される方も

たくさんいらっしゃるかと思います。

 

今まで過ごしてきた環境と全く違い

 

“働くって、、、?”

“自分の労働力に対して対価(給料)って、、?”

“アルバイトはしてきたけど、漠然としていて何だか分からないな”

 

というのが、正直なところではないでしょうか。

 

私は、新卒で入社した会社はこの会社ではないのですが

入社して直ぐに本社で研修が1週間ほどあり

様々な方から仕事の中身や、各部署の業務内容

システムについて教えて頂きました。

 

毎日、目まぐるしく動く中で、いざ現場での実際の業務が始まり

 

“あれ、本社でたくさん研修受けたのに、何1つ活かせない、、、

当たり前だけど研修と現場って全然違う! 私の労働力って何、、”

と焦りを感じました。

 

1つに現場に配属になって最初に壁に感じる事として

「電話対応」ではないでしょうか。

 

 

最初はなかなかハードルが高く苦手、、

と感じる方もいらっしゃるかと思います。

 

求人情報紙を見ても

“TEL対応少なめ!落ち着いて仕事が出来ます。”

と見出しがあるほどです。

 

私自身、入社したての時は、鳴った!取らなきゃ!と思うが

もたもたして、先輩方が先にとって下さった事が何度もありました。

 

先輩から、“なんで出ないの?出てね。”とご指摘頂き

次こそは出る!と意気込み、電話を取ってみると

案外すんなりと対応出来ました。

 

“習うより慣れろ” という諺(ことわざ)があるように

何度もこなしていくと

 

“このお客様からならOOさんに繋ぐ”

など分かってきました。

 

最後には、電話が鳴る前に電話機の画面が光るのですが

光った瞬間に取っており、周りの先輩方には

“何で鳴ってもいないのに取って話しているの?!”と驚かれました。

 

しまいには、あまりにも早すぎるので、相手の人が驚くかもしれないから

もう少しゆっくり取ろうね。 と言われるほどでした。(笑)

 

皆さんは落ち着いて取りましょう。(笑)

 

 

弊社は、受発注を行っているメーカーではないので

ひっきりなしに電話が鳴る。

といった感じではありませんが、電話対応は最初の窓口になるため

感じ良くはっきり丁寧に対応するように心がけています。

 

この春から環境が変わる方がたくさんいらっしゃると思います。

 

わくわく、ドキドキで不安も感じると思いますが

先輩が教えてくださる事を丁寧に謙虚な姿勢でこなしていくと

少しずつ働くってこんな事かなと理解していき

前に進めるのでは、と思います!

 

GO FOR IT!!