洋服にとって最悪の事態……シミを綺麗に抜くには、どうすればいい? クリーニング屋さんの息子が解説

「白いシャツにカレーうどんのシミが……」

「お気に入りパーカーなのに、いつの間にか油シミがついている!」

 

というような経験をしたことがある人は、大勢いるでしょう。

私も、何度も「シミ」をつけてしまったことがあります。

 

シミをつけてしまった

見つけてしまったときの絶望感と言ったらないですよね……

 

お気に入りの洋服にシミがついてしまったら、目も当てられません。

 

シミがついてしまったら、なんとかして「シミ抜き」をしたいところ。

放置して着続けていても、気持ちは上向きませんし

何より清潔感がちょっと……

本記事では、クリーニング屋さんの息子が

「シミ抜きする」ということについて解説します。

 

家庭でシミを抜く方法

 

 

最近は洗剤などの進化で、家庭でもじゅうぶんな

シミ抜きができるようになりました。

 

シミを見つけたら、まずは家庭で解決できるよう

工夫してみましょう。

下記では、有効な「シミ抜き」について解説します。

 

基本は漂白剤

 

やはり基本的には漂白剤を使うことになるでしょう。

使う上で大切なのは、「漂白剤メーカーの使い方を守ること」。

 

「キレイにしたいから!」という理由で

とんでもない濃度で漂白剤を使う人がいます。

 

しかし、漂白剤の量を増やしたからといって

劇的に効き目が強まるわけではありません。

 

なぜなら、「酸素系の漂白剤は、シミを抜く効果が高いから」です。

「活性酸素」という成分が、シミをキレイにしてくれます。

 

塩素系などでも落ちないことはないですが

あくまでも「漂白」や「消臭」の効果を期待するもの。

というような理由で、酸素系が一番合っています。

 

もしガンコなシミがあるのであれば

「押し洗い」してみましょう。

 

漂白剤が繊維に染み込んで、シミを剥がしてくれます。

 

クレンジングオイルを使うという裏技

 

 

あまり知られていないのですが

クレンジングオイルを使うという方法もあります。

 

クレンジングオイルとは、化粧用品の一種ですね。

実はそれを使って、シミ抜きすると言う裏技が

じわじわと知られつつあります。

 

やり方は簡単。

 

シミに直接、クレンジングオイルをつけます。

そして優しく、その部分も押してあげるだけ。

特に油染みには、効果が高いと言われています。

 

ただしクレンジングオイルは、あくまでも化粧用品です。

洋服につけることを前提として作られていません。

もしかしたらクレンジングオイルを使うことで

トラブルが起こるかもしれません。

 

洋服の、目立たないところでテストするなどしたほうが賢明です。

あくまでも、自己責任のうえで、クレンジングオイルを

使うようにしましょう。

 

シミを予防する?

 

シミをつけないようにするには「シミが飛ばないように気を付ける」

くらいしか予防する方法はないように見えます。

しかしある程度なら、シミは予防することが可能です。

 

スプレーを掛ける

 

ただしあくまでも「シミになりにくくする」、という効果にとどまる点には注意。

 

ブラシでゴミを落とす

 

 

また、定期的にブラッシングして、洋服のゴミを落とすのも効果的。

洋服には、さまざまなゴミが付着します。

 

特に食べ物の欠片などは、放っておくと

厄介なシミになってしまいます。

マイナーなところだと、「鉄粉(てっぷん)」というものが

ついてしまうことも。

 

工事現場などから飛んでくる、鉄の粉ですね。

放っておくと、汗で錆びて、オレンジ色のシミを作ってしまいます。

鉄粉のシミは、特に落ちづらいです。

 

他にもシミの原因となるものは、目に見えなくても

洋服にはくっついています。

しっかりブラッシングしてあげましょう。

 

どうしても無理ならクリーニング屋さんへ行こう

 

 

クリーニング屋のシミ抜きは、ものすごくハイレベルです。

とにかく「どんなシミでも抜くんだ」という魂で、シミと向き合っています。

僕の父親も、シミ抜きには熱いハートを持っていました(笑)

 

クリーニング屋さんなら、シミのタイプに応じて

適切な方法でシミ抜きしてくれます。

 

血液や墨のシミでさえ落とせる場合も。

 

ポイントとしては「何でできたシミなのか、クリーニング屋さんに伝える」ということ。

たとえば、「ミートスパゲティのソースでできたシミです」

というようなかたち。

するとクリーニング屋さんは

(ああ、じゃあ油シミだから、ドライクリーニング洗剤を使えばよいのだな)

などと、適切な方法を考えてくれます。

本当にどうしようもなくガンコなシミは

クリーニング屋さんに持っていきましょう。

 

ちなみにクリーニング屋さんの世界には

「全日本シミ抜き競技」という大会があります(笑)

 

名前のとおり、「シミ抜きの技術」を競う大会です。

今年で37回目を迎える、伝統ある大会でもあります。

そんな競技が開催されるほど、クリーニング屋さんは

シミ抜きに魂を燃やしている、というわけです。

 

ちなみに私の父親も出場し、それなりのところまで勝ち進んだらしいです……

 

変なものでシミ抜きしない

 

 

最後に注意したいのが、変なものでシミ抜きをしないということ。

根拠もないのにキレイになると言って

さまざまなものがシミ抜きで使えるという情報が流れています。

ひどい例を言えば、着色料が入っている栄養ドリンクでシミ抜きできる

なんて言われています。

 

もちろん着色料が入っているなら、ほぼ間違いなく逆効果です。

 

こういった方法を、安易に試さないようにしましょう。

 

まとめ

 

 

本当にシミというものは怖いものです。

たった1cmにも満たない小さなシミのせいで

洋服1枚が台無しになってしまいます……

 

シミがついたら、ほったらかしにせず、すぐシミ抜きしましょう。

放置していると色素が定着してしまい、落ちづらくなってしまいます。

 

また、そもそもシミを作らない、という工夫も大事です。

できればスプレーを使う、ブラッシングするなどで、事前に予防しましょう。