服ができるまで。

私の仕事は、通販やTVショッピングの婦人服のパターナーをしています。

皆さんもお店やテレビ通販などで服を買われたりしていますよね。

今回は服がどの様に出来上がってくるのか、流れを紹介したいと思います。

(この過程では様々な苦労がありましたが、それはまた次回に・・・)

 

①お客様よりイラスト入りのデザイン画、イメージ写真、サンプル等が送られてきます。

ここで、お客様の希望などを確認します。

*着丈・袖丈の長さ

*衿ぐりの開き具合・形など

*シルエットのイメージ

*衿の大きさ

*付属の種類・色目など

 

②イラストのイメージになる様に、立体的に仮パターン(型紙)をひいていきます。

この時に注意している事

*着用した時の着心地

*デザイン画のイメージに出来ているか

*素材に合わせたシルエットになっているか

 

デザイン画は平面なので、服になった時のイメージを考えて気を付けながら、

パターン作成しています。

昔は、手書きでパターン(型紙)を作成していました。

手書きの時は、時間もかかっていましたが、今はCAD(キャド=コンピューターで型紙を設計するもの)で作成して快適にパターン作業が出来ています。

③仮パターンが出来上がると、イメージ通りに出来ているかトワール(写真参照)でチェックします。

ここでは、全体のバランスやデザイン画と見比べてイメージ通りに出来ているか

確認しながら進めていきます。

OKならば、パターンを完成させていきます。

(トワール→)

 

④縫製工場が縫製出来る様にパターンを完成させて、仕様書(指図書)に

生地や縫製の指示、糸カラー、針の太さ、付属(ボタン・ファスナー・紐等)の指示を

したものを作成します。

 

⑤完成したパターンと仕様書を元に、縫製工場にサンプルを作成依頼します。

生産国は主には中国が多いです。

⑥サンプルが上がって来ましたら、全体のイメージや寸法がきちんと指示通り上がっているか確認する為に採寸チェック、検品作業をします。

検品作業とは

*寸法チェック

*縫製チェック

*着脱チャック

*折れた針などが入っていないか検針チェック

 

出来あがった物をお客様にお送りします。

 

⑦お客様にサンプルを実際に着用して頂き、着心地など確認してもらいます。

ここで、細かな修正箇所などのコメントを頂きます。

この工程を何度かして、納得いくまでサンプル作成を繰り返していきます。

 

⑧最終OKが出たら、グレーディング(各サイズのパターンを作成)していきます。

縫製工場にパターンとサンプルの縫製注意箇所、変更点などのコメントをつけて、

製品依頼をします。

 

 

⑨縫製工場は、各サイズパターン、コメントなどを元に、生地裁断、プリーツ・プリントなど、工程の物を加工屋工場(プリント屋さん、プリーツ屋さん)に依頼し、縫製仕上げになります。

最後に検品工場で、針や縫製不良などないか確認検品作業、袋に入れて完成になります。

 

⑩完成した物が倉庫に到着。 皆様のお手元に届く様になります。

皆さんのお手元に届くまでに、時間と沢山の人の手が繋がり出来ています。

 

洋服を買われた時に少しでも、感じていただけるとうれしいです。