ネクタイのアイロンがけ

通勤・通学でよくつけられることが多いネクタイ。

満員電車などで毎日しわになってしまうネクタイが目に付く方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、ネクタイのしわを伸ばす方法をご紹介したいと思います。

 

ネクタイのアイロンがけの手順

①ネクタイのしわを伸ばそう

アイロン台の上にネクタイを置き、

しわがあるかをチェックしてやさしくのばしましょう。

 

②当て布をネクタイに当てよう

しわを伸ばしたい部分に当て布を当てます。

当て布の生地は綿100%の薄いものを使用しましょう。

なぜ当て布をするのかというと、アイロンを直接布に当ててしまうとアイロンの熱でネクタイがテカってしまうからなのです。

また、なぜ当て布は綿の薄いものが良いかというと、熱が適度に通りやすくアイロンをかけた位置を把握しやすいためです。

 

③アイロンの温度を設定してスチーム(水蒸気)をあてよう

アイロンを中温(130℃~160℃)に設定してスチーム機能をONにします。

スチームは防臭・防虫効果があるといわれています。

アイロンが温まったら、当て布をしている部分にスチームをかけます。

 

注意点としては、

・②でも言いましたが当て布をする。

・スチームをつけたままアイロンを浮かせながらかける。

ネクタイを押し付けながらかけてしまうと、ふっくらとしたネクタイが潰れてしまうためです。

またネクタイの素材はシルクのものが多いため、水分に弱いためスチールをあてる際には水滴が落ちないように十分に注意しましょう。

 

 

④当て布を外して、しわを伸ばそう

アイロンをいったん置いて、当て布を外します。

生地の伸びる方向を確認してからやさしくしわを伸ばしましょう。

この時、無理矢理伸ばすと型崩れしてしまう可能性があるので、伸びやすい方向を事前に確認しておくとよいでしょう。

しわが消えてない場合は、③、④を繰り返しましょう。

繰り返してもしわがとれない場合はクリーニング店に相談しましょう。

 

⑤アイロンを浮かせながら水分を飛ばそう

しわが伸びているのを確認できたら、冷めてしまう前に当て布をします。

今度はスチームを切った状態でアイロンを浮かせながらネクタイに当てます。

アイロンの熱で水分を蒸発させて乾かします。

ポイントは熱がネクタイに伝わる位置まで近づけながらあてることです。

 

さらにネクタイを美しく仕上げる方法をご紹介いたします。

使う道具はなんと……菜箸(さいばし)です!!

 

菜箸を使ってふわっと美しいネクタイへ

①ネクタイを裏返しにして折り目部分に菜箸を挿入します。

②当て布をあてて、スチーム機能をONにして中温(130℃~160℃)になったらスチームをかけましょう。

③当て布を外して形が整ったかを確認したら、スチーム機能は切った状態で浮かせながら乾かします。

今回撮影時菜箸がなかったため、コンビニでいただく割り箸で代わりにやってみました。

それでもふっくらとしたので試してみてはいかがでしょうか?

 

もし出張先などでアイロンがなかったら、こんな方法でもしわを取る方法もあります。

・霧吹き

軽いしわであれば霧吹きをして水分を含ませ、形を整えて吊るし干すだけ大丈夫。

忙しい時に簡単にできそうですね。

 

・お風呂の蒸気

ネクタイを1時間ほど吊るして蒸気を吸わせて、朝まで外に出して干しておくだけできれいに戻ります。

この方法はスーツ、スラックスなどにも有効ですのでお試しください。

 

いかがでしたでしょうか?

しわしわのネクタイがピシッとなって気持ちも変わることでしょう。

それではまた次回をお楽しみに。