~戻りつつある日常~

コロナの影響で緊急事態宣言が発令され、在宅勤務が始まった。

そんな時期から、ようやく毎日出社する今までの日常に戻りつつある。

 

通勤時間が無くなる。

今まで以上に社内でのホウレンソウをする。

 

といった在宅勤務があってこそ気づいたことがあった。

 

・通勤時間が無くなる。

→そのため、無駄な時間が無くなる。

 ・社内にいると簡単にホウレンソウが出来るが故、怠りがち。

→社内にいないが故にスムーズな連携が取れないため、より一層ホウレンソウをする。

 

在宅勤務の良し悪しを判断することは難しいかもしれないが、

GoogleやTwitterといった企業に目を向けると、

今でも在宅勤務が浸透していない日本の方式は遅れているのか?

 

と考えさせられる。

 

時代の流れに沿って、様々な変化が出来る企業が

生き残っていける企業ではないかと思う。