首都圏の満員電車

大阪出身の私にとっては

首都の満員電車がテレビから漏れ聞こえる他人事と思っていましたが

今まさに自分自身に直面しています。

 

 

身動きが出来ないくらいの満員電車での通勤は

身も心も疲弊します。

当社もコロナウイルスの影響で時差出勤が認められ

幾分かマシにはなりましたが

やはり人は多いです。

 

東京に勤務を続けていく限り

解消できない問題になります。

そんな地獄のような通勤時間で

何をして過ごすかは人それぞれです。

 

携帯をいじっている人

本、新聞を読んでる人

寝ている人、、、、、、

 

皆さんは何をして過ごしていますか?

 

私は入社した際に上司から「常に考えろ」

と言われていました。

移動時間は「考える」には絶好の時間です。

 

片道で1時間掛かれば、

往復で2時間も時間があります。

 

頭がすっきりしている朝は特に

「考える」にはうってつけの時間です。

 

上司の言葉を借りますが

毎日続けると同じスタートラインの同期の面々とも

1年で大きく差が出てきます。

 

長い会社員生活、10年、20年たてばどうなっているのか。

どこの世界でも視野を広げれば色々な人がいると思います。

その中でも上を見ればもっと大勢の色々な人がいます。

 

将来の自分がどうなりたいか?

漠然とでも目標を持っている人と

何も目標を持ってない人とでは全く異なってきます。

考えてない人には目標もないと思います。

 

お金持ちになりたい

えらくなりたい

何でもいいと思います。

 

目標があればどうすれば目標を達成できるか少なからず

「考える」と思います。

考えることは目標を達成するためだけではなく、

仕事のピンチや失敗をしたときにも役に立つはずです。

皆さんも一度「考えて」みてください。