紫外線を受けやすい衣類・小物の特徴は?

これから迎える紫外線が強くなる時期は、衣類や日傘、手袋などの小物で紫外線を防ぐ人も多くなってきますね。でも素材や色によって紫外線の受けやすさが違うって知っていましたか?今回は紫外線の影響を受けやすい衣類・小物の特徴をご紹介していきます。

 

UVカットに適した素材は?

 

 

これから迎える紫外線が強くなる時期は、衣類や日傘、手袋などの小物で紫外線を防ぐ人も多くなってきますね。でも素材や色によって紫外線の受けやすさが違うって知っていましたか?今回は紫外線の影響を受けやすい衣類・小物の特徴をご紹介していきます。

 

UVカットに適した素材は?

 

紫外線をカットする効果が高い素材には、ウール(羊毛)・ポリエステルが挙げられます。これらの素材はUVカット加工を施さなくても紫外線カット率が90%以上あるのです。ただしポリエステルは紫外線を繊維に「吸収する」仕組みとなっています。

 

ウールに紫外線カット効果があるとは驚きですよね!でも、ウールは毛糸の原料…つまり冬に使われることが多い素材なので、いくら紫外線カット効果があっても紫外線が多くなる時期にウールのニットは着られません…。

 

一方ポリエステルは夏の衣類に多く使われています。吸水性には優れていないので、汗を吸い取ることには不向きですが、サラッとして通気性に優れているため夏素材としておすすめです。

 

UVカット率が低い素材

 

 

反対に紫外線カット率が低い素材としては、綿や麻が挙げられます。これらは紫外線カット率が50~60%となっていて、UVカット加工を施さないと紫外線を肌まで通してしまいます。

 

綿は汗を吸い取るのに適していますし、麻は通気性に優れている…つまりどちらも紫外線が多く降り注ぐ春~夏に向いている素材なのです。それなのに紫外線をカットできないなんて…。

 

綿や麻は天然繊維なので肌にも優しく、アトピー体質の人・肌が弱い人は好んで着る素材だと思います。紫外線が多い時期にこれらの素材をコーディネートに取り入れたい場合、次の方法を試してみると良いでしょう。

 

  • 上にポリエステル素材の羽織ものを着る

 

直接肌に触れる部分(下着やTシャツなど)には綿素材のものを着用し、その上にUVカット率の高いポリエステル素材のカーディガン・パーカーなどの羽織ものを重ねると、汗をしっかり吸収できますし紫外線もカットすることができます。

 

  • UVカット洗剤・スプレーでUV加工する

UVカット加工を施せる洗剤を使って、衣類を着る前にあらかじめ対策しておく方法や、着用後にUVカットスプレーを吹きかけて対策すれば、紫外線の吸収を防ぐことができます。

 

綿×ポリエステルの混紡生地は?

 

素材ごとのUVカット率は分かりましたが、すべての衣類が綿100%やポリエステル100%とは限りませんよね。綿やポリエステルなど異なる繊維を合わせた「混紡生地」で作られるものも多くあります。

 

UVカット率の高いポリエステルと、カット率の低い綿でできた混紡生地は、紫外線を通しにくくなると言われています。衣類・小物を選ぶ場合は使用されている素材をチェックしてみましょう。

 

紫外線を吸収しやすい色・吸収しにくい色

 

 

紫外線が多い時期は、着用する衣類・小物の素材のほかに色選びにも気をつけた方がいいでしょう。

 

一般的に色が濃いものが紫外線をカットしやすく、薄いものは紫外線を通しやすいと言われています。黒や紺、茶などの濃く暗い色がおすすめですが、暑い時期にこれらの色で全身コーディネートしてしまうと暑苦しい印象を与えてしまいますね…。そうならないように白や淡い色を取り入れる場合は、先ほどもご紹介したようなUVカットできる洗剤・スプレーなどで対策し、日焼けしないようにしましょう。

 

紫外線が強い時期に身に着けるものは素材・色選びも大切!

 

UVカット加工が施されていないものを身に着ける場合は、素材や色を吟味することが大切です。手持ちの服も上手に重ね着したり、UVカット洗剤・スプレーを使ったりすれば、紫外線の吸収を防ぐことができますよ。