洋服のボタンの種類

洋服には形状や素材などさまざまなタイプのボタンが使われていますね。

ボタン次第で洋服の印象や着心地が変わってきたりと・・・

とても重要なパーツなのです。

また使用するボタンによって洋服の付加価値が高まります。

今回は洋服によく使用されるボタンの種類と特徴について紹介したいと思います。

 

■二つ穴ボタン■ 

シャツやブラウスによく使用されることが多い二つ穴ボタン。

生地との固定が少ないため留め外しがしやすいことが特徴です。

■四つ穴ボタン■

こちらはスーツ・コートなど厚めの生地に使用されることが多い四つ穴ボタン。

生地を固定する箇所が多い為、安定感が出てしっかり留まります。

■足つきボタン■

別名「一つ穴ボタン」とも呼ばれ、

カーディガンやブレザーなどの厚めの生地に使用されることが多い足つきボタン。

コロンとした形で、女性の洋服の飾りとして使われることも多いです。

 

二つ穴ボタンや四つ穴ボタンと違って足がついているので、布とボタンの間に余裕を持たせながら縫う必要がありません。

また穴が一つなのでつけるのがとても簡単です!

しかし、ボタンが動きやすく、取れやすいというデメリットもあります。

 

■くるみボタン■

生地や革などでボタンの表面をくるんだくるみボタン。

 

くるみボタンの中身の素材は綿・金属・木などです。くるみボタンの外側は布地だけではなく毛糸や皮革で包まれている種類もあります。

 

洋服と同じ布地を使うことで、ボタンと服が一体化するという特徴があり、

服のデザインを壊すことがなくお洒落な雰囲気に仕上げることができます。

布地の部分に名前やデザインなどをビーズや糸で刺繍したり・・・

デザイン性の高いくるみボタンを手作りすることができます。

 

■スナップボタン■

突起のついたパーツとそれにあわせたくぼみを持つパーツから成る

パチンと簡単に留めることのできる便利なスナップボタン。

ベビー用品、子供服から雑貨小物までと様々なシーンで使用されています。

 

黒色や銀色の金属製のものが主流でしたが

最近ではプラスチック製のものが多く、アレルギーのある方でも使用できるよう工夫されています。また、洗濯など水によって錆びる心配がありませんね。

 

■力(ちから)ボタン■

コートやジャケットのフロントボタンの裏によく付いている小さな力ボタン。

 

厚いコートやジャケットのボタンは布の厚みの分、力がかかってしまい

洋服に穴があいてしまったり、糸が切れてしまうことがあります。

そのためコートやジャケットの裏側に力ボタンを付けておくと、

ボタンの表面で生地にかかる力を分散できるので洋服を傷めずに使用出来ます。

 

■貝ボタン■

貝ボタンは高瀬貝・黒蝶貝・白蝶貝・茶蝶貝などの貝から作られる天然素材のボタン。

 

貝の特有の上品でつややかな輝きがあります。

涼し気な印象なので春夏のブラウスやシャツに使われること多いです。

光の反射で高級感のある輝き、一つ一つ違う表情を見せてくれる魅力があり

同じデザインがないという点でも好まれるボタンです。

【関連記事】天然素材 貝ボタンの魅力

 

■ナットボタン■

ナットボタンとはタグワヤシの実を素材原料として作られたボタン。

光沢を抑えたマッドな質感で少し木目が入っているのが特徴です。

天然素材の特有の暖かみがあり、

使い込むほどに色合いが変わってくるのもナットボタンの楽しみ方の一つです。

ナットボタンはカジュアルな洋服と相性がいいのでパンツやカーディガンに使われることが多く、男性物のカーディガンにもよく使われています。

 

ボタンの特性によって様々な種類のボタンが使われていることがお分かりいただけたでしょうか。

切ったり縫ったりするリメイクは難しくても、ボタンを付け替えるだけなら簡単に挑戦できると思います。

 

お手持ちの洋服のボタンを自分好みのボタンに取り替えリメイクし

自分だけのお気に入りの一点に変身させてみるのも楽しいですね♪