【Stay Home の過ごし方】

新型コロナウィルスの影響でメディアやネットに加え、最近では台風の時ぐらいしか聞くことがなかった市の防災行政無線からも頻繁に、この【Stay Home】という言葉を聞く状況が多くの方に共通するかと思います。

 

普段から家で過ごすほうが好きな方であれば、この機会に普段忙しくてあまりできなかったことをするなど、たっぷりの時間を使って過ごすのが苦痛ではないのかもしれませんが、でもそうではない人にとってはこの言葉は、苦痛と将来への不安を感じさせる言葉になっていると思います。

 

さぁどうするか?

 

  • 家の大掃除
  • 普段はまったくしないDIY (日曜大工)
  • 長編小説の読破
  • 新しい趣味を探す
  • 勉学に励む

 

などが頭に浮かんではなかなか動けず何をしようかと考えている間に時間が過ぎてしまう。

 

新型コロナウィルスの影響でこれから多くの人が人生の生き方、考え方を多かれ少なかれ変えざるを得ないと考えると、ぼーっと過ごしているのでは人生もったいないです。

 

外出自粛で何をしたら良いか分からないのであれば、目についたものをやってみるのは如何でしょうか?

 

例えば、絵心のない人が絵を描いてみる。

 

やってみると絵を描く視点を考える為に、本を読むことも増え、少し描いては、やり直しと思った以上に時間がかかり、その時間がすぐに過ぎてしまいました。

 

絵を描くには対象物を観察して、色々な角度から物を見て、更にはそれが出来上がりにはどのようになるのかと空想します。

 

よって普段はそのようなことをしていない人には、観察眼、物事に集中する力、発想力が養われているのがすぐに感じられるのでとても驚くと思います。

 

この力は不透明な世の中を生き抜くうえで何かと役に立つと思います。

 

このようにStay Homeで、何か1つでも自分にとって役に立つと思えることをみなさんしてみませんか?