No.2 ~商 売 あきない~

商売は「商い(あきない)」という。

 

それは、面白くてしかたがないから「飽きない(あきない)」なのだ。

いつも面白いから笑顔がたえない。だから「笑売(しょうばい)」となる。

 

いらっしゃいませ、ありがとうございます。いつも活発だから「勝売(しょうばい)」となる。

「飽きない商売」を面白くないと思っていると、すぐ飽きる。

いつも不平不満や愚痴が出て、心が次第に傷ついて「傷売(しょうばい)」となってしまい、

「消売(しょうばい)」となって消えてしまう。

 

 「笑売」をしたいのか?

「傷売」になってしまうのか?

「勝売」ができるのか?

 

あきない商売を目指す人が商人になれる。

 

仙台市に実在した福の神と呼ばれた仙台四郎(本名:加賀豊孝)の話をご紹介。

たまにお店に飾ってあったりもするのでご存じの方もいるかも。

ゆっくりと読んでみてくださいね。

 

感じかたや思うことは、人それぞれ。

改めて気付かされることがあるかもしれないですね!!