【週末にお勧めのショートトリップ②】

今回2回目のご案内となる、シュートトリップをご案内いたします。

 

『東海自然歩道』です。

 

東海道では有りません。

 

お聞きになった方も有るかもしれませんが、この道は『明治の森高尾国定公園』と大阪の『明

 

治の森箕面国定公園』を結ぶ、緑豊かな自然と貴重な歴史を伝える文化財を巡り、心身の健康

 

と安らぎを与える総延長1697.2kmの長距離自然歩道なのです。

 

距離だけを聞くと気が遠くなる距離、しかしすべてはそれぞれの地域ごとに区切られ、簡単

 

に堪能できる自然歩道なので気軽に楽しむことが出来ます。

 

全工程を歩くと40-50日掛かりますが、それは非現実的です。日帰りで簡単に楽しめます。

 

今回は、ミシュランに選定された、高尾から明治の森経由、相模湖周辺までをご案内します。

 

トレッキングが趣味の方には必見のルートとなります。

 

起点は高尾山になります。

 

ここをスタートとしますが、かなり始めは、コンクリートの路が続き、心が折れそうになる

 

登り道、これをクリアすると、すぐに高尾山頂に到達です。

 

ここがスタートの石柱です。高尾山ケーブル乗り場広場にあります。探してみて下さい。

 

 

山頂では沢山の人たちがここで休憩を取り、高尾銀座と呼ばれるくらい、密集した感じで、オンシーズンでは、腰を下ろすところが無い位人が居ます。(画像はオフシーズンの早朝)

 

 

そそくさとここを通り過ぎ、先を急ぎますが、ここからは、初心者の方には中々きついアップダウンが連続します。

 

そうしているうち、城山茶屋に到達し、ホットする方が殆どです。

 

ここで、小休止、十分に休憩をとり、食事や飲み物、森林浴を堪能できます。

 

 

夏場は名物、『かき氷』は是非押さえておきたいです。(写真で小です)

 

 

ここからが、日帰りの後半、激下りのトレイルが始まります。

 

慣れていない方は、膝にダメージを負うので、自信のない方は、先程の城山茶屋で折り返し

 

下山を選択してください。

 

弁天橋まで、約3.0kmの激坂下りです。

 

 

下山後は、お茶屋があるので、草餅を必ず押さえて欲しいです。ここの草餅は、安倍首相が政権を持った時に、訪れているお茶屋、こんな茶屋に来ているのかと、笑える写真が置いてあります。

 

ここからが実は日本の風景を堪能できる所なのです。

 

 

田園風景、山間部の景色、人も中々入らない、石老山、石砂山を経由し、山間部のトレイル

 

等、西野々まで続きます。

 

健脚の方なら制覇出来ますが、ざっと25kmあるので、覚悟をしてスタートしてみて下さい。

 

お帰りは、相模大野まで、バスを乗り継ぎ帰れますのでご安心を。

 

そうそう、路線バスの時間は、16時位で終了するので、自信のない方は宿泊のご準備を。

 

私は早朝スタートでしたので、バスの時間まで1時間半程度待ちました。

 

週末のショートトリップ②『東海自然歩道』、是非皆様もストレス発散にお出かけください。