事務所の観葉植物

私が在籍している部署には観葉植物があります。

机・椅子・ラック等が新しく入れ替わったと同時に仲間になり、「事務所」から横文字の「オフィス」へ変身しました!(笑)

テレビ番組であるビフォーアフターと言っても過言ではないと思います(笑)

 

ヤシ科(メキシコ)、アオギリ科(パキラに似た葉)(台湾)、

サトイモ科(熱帯アメリカ)やゴム科(インド)等、世界各国の原産観葉植物、

全部で9鉢あります。

ほとんどが日当たりはよく直射日光が当たらない明るい場所を好むのですが、なかには半日当たりがいいという子もいたりと、なかなか難しい。。。

 

 

その子の特徴を考え、事務所内で支障のないようにそれぞれ配置しました。

土が乾いたらお水をたっぷりやり、受皿からあふれ出て焦る事が何度あったか(笑) でも四苦八苦しながらも順調に育ってく姿は楽しみでした。

ところが、、、、

徐々に何鉢かが、葉の色が黄色くなって枯れてきたり、葉が落ちてばっかりで新芽が出てこない。。出てきてもすぐ枯れてしまう現象が起こりました。

 

 

これって私の横に置いているせい?負のオーラが出過ぎてるのかな?(笑)っと、

移動もしましたが、どうもエアコンの風が当たり、冷えたり乾燥したり、虫が付いたり原因だったようです。

私の負のオーラでは無かった。とは言い難いですが、ひとまず安心です( ̄▽ ̄;)

そんな事も鉢によっては度重なり、移動をして今はそれぞれの位置に落ち着きました。コーヒーを入れている最中や、席に戻る時に何気なく見ては「これは種?」「新芽が出てる!」「なんか枯れてる。。」などと雑談して、息抜きと目の保養になっています。

 

*こちらはブラックキトン

(原産地:台湾、他の熱帯地)パキラに似た非常に珍しい観葉植物

夏場2~3週間しか出回らず、冬場は入手困難。

希少価値は特筆。

真ん中の小さい葉が新芽、もみじ饅頭みたいでかわいい。

 

 

また、今年から仲間になった雑草さん。誰かの服に種が付いていたのか、個人ロッカーの隣にある鉢から突然芽が出てきました。ピンクの花が咲く(はず)と断言しまして、上司が土と鉢を持って来てくれ、植え替え育てています。

 

*小さい鉢が雑草

*大きい鉢はフィッカス・ジン(ゴム科 原産地:インド~東南アジア)
新葉はイエローグリーンベースにまだらにグリーンが散らばって、独特の班模様が綺麗です。流通が少ない観葉植物です。

 

 

今では歴代新入社員が水やり当番をしていて、現在も枯れることなくすくすく成長しています。人員の入替わり、泣いたり爆笑したり、上司に叱られているところ(笑)、すべて知っている9鉢達、仲間になり8年になります。

ヤシ科の145㎝だった子は180㎝(写真左手前の緑の葉:高性チャメ)に、

165㎝だった子は200㎝(奥右手、背の高い木:セフリジ)を超えて天井に到達しました。初めて種も見させてもらいました。最初は緑でだんだん水疱になり、最後は黒くなって落ちていきます。

 

 

それにしても大きくなったな~♪

天井に届いたセフリジはどこまで伸びていくのかな…。

ちなみに、鬼門(北東)のライン上に観葉植物を置くと邪気を払ってくれるそうです。