憧れ

私はアウトドアが好きである。

休日になると、誰かとどこかに出かけて自然と触れ合う。

キャンプも焚火も、外で食べるご飯も大好きだ。車に乗って、山、海、川、あらゆる自然と触れ合い、全身にマイナスイオンを吸収する。

鳥の声を聞いて、草木が触れ合う音をバックに熱めのコーヒーをゆっくりと飲む。至福の時間である。

クワガタやカブトムシを捕まえれるように、前日から目星をつけた木に樹液をたっぷりと擦り付け、網と籠を用意する。

蚊やアブなどに備え、長そでのシャツ、長ズボンで装備を施す。ブランドは当然のごとく一流品のものを使用。

有名ブランドのアウトドア製品を身にまとい、ギア系の便利なものにたっぷりとお金を掛けて、周囲の人間を圧倒する。

アウトドア系ブランドでは、やはり合繊を使用する衣料がとても多い。撥水、防水、防花粉、防虫、冷感、保温、UVカット、抗菌、吸水速乾、制菌、発熱、蓄熱、断熱と様々な機能が備わっている。個人的な意見で言えば、Tシャツは綿がいい。(汗の吸収は早い。が、乾くのが遅い・・・。)

テントにも十分にこだわって、20万以上するテントを購入。耐水圧3,000ミニマムのテフロン撥水加工をしている。

当然、内装にもこだわりがあり、アウトドア用のソファ/3脚、ベッドを2脚、プロジェクターなんかも装備して、夜は映画を見れるような仕組みだ。

車は四駆のドイツ車に乗っている。円の中心から円周に向けて、3本のラインが伸びたマークのものだ。新車で購入をして、10,000千円以上の代物である。お金に余裕があるとこんなものまで買える。シートは全て本革を使用。一枚皮の縫い目の少ないものを使い、車内は革のいい香りがする。

 

 

車の芳香剤といえば、匂いのキツイ商品が多いように思うのは僕だけだろうか?カー用品の専門店や、ディスカウントショップなんかにいくと、たくさん並んでいる。タクシーに乗るとよく匂うようなものから、おじさんの匂いがするものまで様々である。

有名なカー用品店に行くと実に様々な商品がある。最近では、カフェを併設しているところもあり、ゆっくりとコーヒーなんかを飲むことが出来る。

カー用品を眺めながらコーヒーを飲むなど、車好きの方ばかりだろうと考えるかもしれないが、中にいる方たちは女性が意外に多い。

中には家族で来ている方たちもいたりして、時間がゆっくりと流れている。

ちょっとしたキャンプ用品もカー用品店で揃うので、一通り眺めて必要なものを購入する。必要なものを車に詰めたら、気分は山か海か川であり、そわそわし出す。

今回は、海に行こうと決めた。

伊豆の方に別荘があって、掃除もかねて行こうかと思う。庭は軽く100坪ほどあるので、そこでキャンプをするのもいい。雨が降れば自慢の別荘に入って映画の続きを見ればよい。

 

 

自宅のある港区から高速に乗る前にスーパーに立ち寄る。

ビール、ワイン、シャンパン、高級和牛、サラミ、チーズ、スナック菓子、ジュース、ミネラルウォーター、アボカド、ジャガイモ、アスパラガス、トマト、鴨肉、スモークサーモン、サンマ、鯛、サバ、白米、醤油にステーキソース、アンデスの塩とブラックペッパー、アルミホイルを購入。

綿で出来た、丈夫なキャンバス地のエコバッグ2つにそれらを詰め、車の後ろに詰める。缶コーヒーを買い忘れたので、10m先にあった自動販売機で無糖のアイスコーヒーを購入。

 

 

缶コーヒーを片手に、車に乗り込んだらやっとこさ出発。一番お気に入りの音楽をスマートフォンからブルートゥースで車のスピーカーに飛ばす。

「ジャン ジャカジャカ ジャジャジャジャジャン チャンドン ドゥドゥ ドドドッド ランラン」

 

 

以上のような休日に少し羨望している自分がいる・・・。

憧れの生活を描いていたら、文字数がいっぱいになったのでここで止めておくことにする。