繊維から「仕事」と「暮らし」を楽しくミテクヨネ

  1. ABOUT USGSIとは
  2. PRODUCTS製 品
  3. WORK働 く
  4. KNOWLEDGE繊維の知っ得
  5. CONTACT USお問い合わせ
  6. JOINT展示会情報

KNOWLEDGE

繊維のスペシャリスト達がお届けする、繊維の知っ得!様々なテーマで皆さまへお届けします!

綿にはこんな種類があった!特徴やメリット・デメリットも紹介します!

2021.07.13

日常生活を過ごす中で、いろいろな素材を耳にすると思います。
ナイロン、ポリエステル、シルク、ウール…
その中でも、よく耳にするのは「綿」ではないでしょうか。

「綿」といえば、身体に優しいイメージがありますね。
しかし、それ以外にどんな特徴があるかご存じでしょうか。

綿の特徴として知られている「身体に優しい素材」以外にも、いろいろな特徴がありますので、
綿の種類と併せて、ご紹介していきましょう。

 

「綿」は、天然繊維と言われる繊維で、ウールや絹と同じ、生き物から採れる繊維です。
では、「綿」は何から採れるかご存じでしょうか。

 

綿(ワタ)とは、アオイ科ワタ属の多年草のことで、その「ワタ」の種子から採れる繊維のことを指します。「ワタ」はクリーム色の花を咲かせた後、実をつくり、その実が成熟すると、白い綿(ワタ)があらわれます。この白い綿(ワタ)が「コットンボール」のことで、皆さんがよく思い浮かべるものです。

その白い綿(ワタ)を、何工程も経て細くし紡いだものが綿(めん)と呼ばれます。
そのため、植物の状態が、綿「ワタ」。
その綿「ワタ」を紡いだものを綿「めん」と呼び、区別しています。

 

綿は、本当に様々なものに使われています。吸水性が高いという特徴があることから、汗や水分を吸うために、主にTシャツや肌着、タオル、バスローブなどで使われています。その他、身近なところで綿棒やコットンガーゼなど、医療品の分野でも使用されています。

 

綿は、一般的に毛足(繊維)の長さで3種類に分類されます。

短い毛足(繊維)の綿を「短繊維」
長い毛足(繊維)の綿を「長繊維」
短繊維と長繊維にも属さない毛足(繊維)の長さの綿を「中繊維」

この3種類の中でも、毛足(繊維)が長ければ長いほど、高品質で高価とされています。

 

短繊維と呼ばれる綿の毛足(繊維)長さは、だいたい10㎜~20㎜前後とされていますが、明確な長さが決められているわけではありません。短繊維の綿は比較的、安価で手に入れることが可能ですが、紡績して糸にすることは少なく、クッションやふとん綿などに使用されます。

 

中繊維と呼ばれる綿の毛足(繊維)の長さは、だいたい、21㎜~28㎜前後とされていますが、こちらも明確な長さが決められているわけではありません。

中繊維の綿は、短繊維よりも長いため、紡績を行い糸にすることができます。
市場に流通している綿の衣料などは、主に中繊維の綿が使用されています。

 

長繊維と呼ばれる綿の毛足(繊維)の長さは、だいたい、30㎜以上のもののことを指すことがほとんどです。
長繊維の綿は、短繊維や中繊維と比べて、肌触りもよく高品質のため、高価です。

また長繊維の中でも、より長いものは超長繊維綿と呼ばれ、綿の中では最高ランクに位置付けられています。
その中でも特に「世界3大コットン」が有名です。

実は、超長繊維綿は綿繊維の中でも最高ランクに位置付けられていますが、最近は、市場にもよく流通しています。

 

最高ランクの超長繊維綿の中でも、特に有名な「世界3大コットン」。

その3大コットンとは…
・ピマコットン
・ギザコットン
・新彊綿(しんきょうめん)

綿市場の中でも数%程度しか栽培されていない、希少性が高いものです。

 

「ピマコットン」は、アメリカで栽培される最高品質の綿の一種です。

その中でも、アメリカのスーピマ協会と呼ばれる認証機関の基準を合格したものは、「スーピマコットン(Superior Pima Cotton)」と呼ばれています。
名前の通り、ピマコットンよりも優れているとされています。

最近では、この「スーピマコットン」を使用した衣料を、ファストファッションブランドが展開しているのをよく目にするようになりました。

 

「ギザコットン」は、エジプトのナイル川流域の一部でしか収穫することができない、貴重で高品質な綿の一種です。その中でも「ギザ45」と呼ばれる綿が、最高品質と称されています。

 

「新彊綿(しんきょうめん)」は、中国の新疆ウイグル自治区で栽培される高品質な綿の一種です。「新疆綿」を使用した商品は、現在なかなか市場に出回っていない代物です。ただ、最近「新疆綿」を使用した衣料を取り扱っているブランドもありますので、もしお店などで見つけましたら、是非手に取ってみてください。

 

近年、オーガニックの野菜やオイルなど、よく耳にするようになりました。
オーガニックといえば、農薬や化学物質を使用しないものに名付けられている印象です。
オーガニックコットンも同じ意味合いを持っています。

オーガニックコットンとは、認証機関によって、「3年以上農薬や化学肥料を使用していない」と認められた農地で、栽培された綿花のことです。
また、農薬や化学肥料の使用基準以外にも、実は、労働環境の基準もクリアする必要があります。

オーガニックコットンは、オーガニックな野菜など同様、農薬や化学肥料を使用していないので、水質汚染や身体への悪影響も少なく、地球や身体にも優しい素材と言われています。

オーガニックコットンについては、過去の記事でもご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

Check‼

ファッション業界のサスティナブル

Page top